Dolce Bambina

   
  2007
 
 

36 x 36 x 24 in.

  taxidermy deer, spring, mixed media
 
  W: 90 D: 90 H: 60(cm)
  子鹿の剥製、スプリング、ミクストメディア

Dolce Carettas

   
  2007
 
 

36 x 36 x 22 in.

  taxidermy sea turtle, Spring, mixed media
 
  W: 90 D: 90 H: 55(cm)
  海亀の剥製、スプリング、ミクストメディア

Dolce is a luxury children’s toy made in the motif of “spring riders” found in playgrounds. When an exquisite product is created, cheap fakes abound.
But, what if there are fakes that are more expensive than the real thing? When you think about it, the spring riders found in parks are molds made to look like rabbits and fawns.
So, in a way, my creation only brings them back to being the real thing.
If you look at it that way,
Real (spring rider) > Fake (this piece)
is no longer the construct,
but instead it is:
Real (animal) > Fake (spring rider) > Real (this piece)
Fake and real... it’s difficult to judge which has more value, or which is the truth.

Dolceは公園などに設置されているスプリング遊具をモチーフにして作った子供用の高級玩具である。ある優れたものができればチープなフェイクが横行する。
しかし本物よりも高価なフェイクがあればどうなるのか?
よく考えれば、公園にあるスプリング遊具はもともとウサギや子鹿を模した造形物であり、僕の作った「Dolce」は再びそれらを本物に戻しただけでもある。
そう捉えれば、
  リアル(スプリング遊具)→フェイク(この作品)
という構図ではなく、
  リアル(動物)→フェイク(スプリング遊具)→リアル(この作品)
という構図になってしまう。
フェイクとリアル、そのどちらに価値があるのか、またどちらが真であるのか、判断は難しい